男性

コーヒーの資格を取得するなら専門学校で最短取得

喫茶店開業を目指すなら

ウェイトレス

カフェ専門学校では、JBA(日本バリスタ協会)などのバリスタライセンスを取得するほか、茶葉やワイン、ビールなどの知識を学ぶコースもあります。コーヒー以外にもお菓子作りや、パン作り、メニューの企画や運営など、カフェの開業・運用までの知識や資格を学ぶことができる専門学校もあります。資格だけに的を絞るコースを設定している専門学校もあるので、自分に必要なカリキュラムを提供してくれる専門学校選びをすると良いでしょう。カフェ開業コースなどを行なっている専門学校では、社会人に向けた土日のコースや、夜間コースなどを設けているところもあります。現在働いていて、いつかはカフェを開業したいと考えている社会人も、数多くカフェ専門学校に通っています。カフェ専門学校で、取得できる資格は、学校によっても異なります。まず基本となるのがコーヒーの資格であるバリスタライセンス。それに加えて、食品を扱う資格を取得するコースを設定しているところもあります。特に食品を扱う資格については、専門学校を経ることで、就業期間の条件が大幅に緩和されるので、個人で取得するよりも専門学校を経由して取得する方が確実なのです。カフェ開業には、食品衛生法など管理するためのライセンスが必要になります。一人監督者が持っていれば、後は資格のないバイトを雇ってお店を経営することができるので、独立開業予定なら資格取得を行なっておくことが重要です。効率的に資格取得は行なっておきましょう。