学習用具

コーヒーの資格を取得するなら専門学校で最短取得

効率的に最高クラス攻略

バリスタ

カフェを開業する予定があれば、やはりコーヒーの資格は取っておくと良いでしょう。バリスタマシンを置き、ラテアートなどオシャレなカフェにはつきものです。コーヒーの資格としては、コーヒーの基礎知識、ミルクの味の違い、ハンドドリップの基本やアレンジメニューなどコーヒーに関する多くの技術や知識を学ぶことが必要です。日本ではJBA(日本バリスタ協会)で、バリスタライセンスを取得することができます。個人で学んで試験を受けるよりも、コーヒーの専門学校や専門コースで資格取得する方が効率的です。資格取得では、レベル1からレベル3まであり、レベル3がプロフェッショナルのバリスタ向けライセンスでは最上位のレベルになります。試験はJBAの認定スクールや認定専門学校で行なわれます。コーヒーの資格には飛び級制度はないので、レベル1から順番にクリアしていくことが必要になります。JBAバリスタのレベル1にはスクールで受講修了証を受けて試験を受けます。試験に合格したら、次のJBAバリスタのレベル2へ挑戦することができます。同じようにレベル2をクリアしたら、最上位のレベル3に挑むことができます。全過程を終了するまでのコースにしている専門学校やスクールも多くあります。カフェの開業を将来考えているのであれば、取得できるよう専門コースや認定スクールに通ってみてはいかがでしょうか。ライセンスを取得して、ラテアートやコーヒーの技術を学び、人気カフェの経営をしましょう。

料理に関わる仕事をする

お菓子作り

調理系の専門学校では、調理師やシェフ以外にも、フードコーディネーターなどのプロデュースを行なう仕事を学ぶこともできます。フードプランナーや商品企画を学ぶことも可能です。自分のなりたいもので進路を選びましょう。

もっと読む

喫茶店開業を目指すなら

ウェイトレス

カフェの独立開業を目指すなら、専門学校のカフェのコースを探しましょう。コーヒーの資格はもちろん、茶葉やワイン、ビール、メニュー制作や調理についてもしっかり学ぶことができます。

もっと読む

転職や独立の道

数種類のパン

パン職人やベーカリーで独立予定なら、専門学校で短期集中の資格取得がオススメです。取得後は小さなパン屋さんで運営・製造・接客のスキルをアップして独立に備えるようにすると良いでしょう。

もっと読む